手術の種類|小陰唇縮小施術においてクリニックが配慮していること

小陰唇縮小施術においてクリニックが配慮していること

ウーマン

手術の種類

悩む婦人

小陰唇縮小には、大きく分けて二種類の施術があります。クリニックによってどちらの方法を用いるかは異なります。また、部分的な際もありますので詳細については各クリニックへ問い合わせてみると良いでしょう。
一つ目の方法は、切開による小陰唇縮小施術です。この手法は小陰唇縮小に一般的に用いられる方法であり、取り扱っているクリニックは多数存在します。その内容を細かく見ると、切開のデザインに様々な種類があることが明らかになります。その中でも最も用いられるのは辺緑の単純切除というデザインです。小陰唇の外側を切除することで縮小させるという方法です。この方法は多くのクリニックで用いられることから、医師による結果の差が出づらいとされています。特殊な状況下ではそれ以外の方法が用いられることになります。
手術後にはダウンタイムと呼ばれる期間に入っていきます。ダウンタイムとは術後のケアも含めて最終的に施術が完了となるまでの期間です。その期間は施術の内容によって異なってきます。切開による小陰唇縮小施術を行なった場合、皮膚を糸で縫う方法と縫わない方法の二種類に分かれます。糸で縫う方法を選択した場合には抜糸を行なうか行なわないかという分岐になりますので、そこでもダウンタイムに差が出てきます。
二つ目の方法はレーザーを用いた施術です。この方法は取り扱っているクリニックが限られますが、様々な利点があります。身体に与える負担が少ないという点、ダウンタイムが短いという点がそれにあたります。