手術の効果|小陰唇縮小施術においてクリニックが配慮していること

小陰唇縮小施術においてクリニックが配慮していること

ウーマン

手術の効果

ヒップ

小陰唇が肥大していると、日常生活の様々な場面で不便を感じることがあります。小陰唇縮小の施術は、そうした不便を解消してくれるのです。では、小陰唇肥大による日常生活の不便とはどういったものがあるのでしょう。
まずは、小陰唇が擦れることによる痛みを生じるという点です。小陰唇が肥大していると、下着に小陰唇が擦れたりします。その際には痛みを発するため日常生活に支障をきたします。また、自転車に乗る際にも痛みを感じます。小陰唇縮小の施術を受けることで、そうした痛みを解消することができます。日常生活でそうした刺激を与え続けていると、小陰唇がやがて黒ずんできます。そうすると見た目上の悩みへと発展します。小陰唇縮小の施術をしておくと、この黒ずみを防ぐことにも繋がるのです。
見た目の問題として黒ずみ以外に取り上げられるのは、小陰唇の左右差です。人によっては小陰唇の左右のバランスが取れていないという悩みを持つことがあります。片方が不自然に大きいと、その見た目を気にしてしまうという悩みに繋がるのは仕方ないかも知れません。小陰唇縮小の施術によって、そうした左右差を揃えることもできるのです。
小陰唇肥大は、炎症性のかゆみや臭いに繋がるという事象も発生します。臭いは肥大した小陰唇にたまる恥垢が原因で引き起こされます。そうした症状は放置すると身体に悪影響を与える場合があります。小陰唇縮小の施術によりそうした問題を解消できます。悩まれている方はクリニックで相談してみてはいかがでしょう。