肥大の原因|小陰唇縮小施術においてクリニックが配慮していること

小陰唇縮小施術においてクリニックが配慮していること

ウーマン

肥大の原因

レディー

小陰唇の肥大は成長と共に進んでいき、意識するようになるのはおよそ思春期のあたりであると一般的に言われています。そして、小陰唇肥大の大きな原因は遺伝によるものと言われています。親やその先祖から受け継いだDNAはご自身の身体的特徴に表れます。小陰唇の肥大も、その一部であると言えるでしょう。
特に誤解の多い原因の解釈として、男性経験の頻度というものがあります。男性経験が多いと小陰唇が肥大してしまうという認識をされている方が多く、そういった方は周囲の方にこの悩みを打ち明けづらくなる状況に陥ってしまいます。男性経験の多さは小陰唇の肥大には関係がありません。また、自慰行為も同様に小陰唇の肥大とは関係ないとされています。従って、心配せずにクリニックで相談すると良いのです。場合によっては縮小の検討をすることもあるでしょう。まずは相談することが大切です。
小陰唇肥大の原因については、遺伝以外にもいくつかあるとされています。それは加齢や妊娠であると考えられています。加齢によって小陰唇の周囲に位置する大陰唇の肉が痩せて縮小するということが起こり得ます。そうすると、相対的に小陰唇が目立って見える、というものが加齢による小陰唇肥大のメカニズムです。
また、怪我や炎症などの外的要因によって小陰唇が傷つき、その形が戻らなくなってしまったというケースもあるようです。小陰唇肥大の悩みには縮小の施術が対策として有効ですが、縮小の施術に踏み切る前にこういった情報を押さえておくと良いでしょう。